マナーを知る

一般的に結婚式と二次会に参加する場合には、祝儀だけではなく二次会の参加費用も用意しておく必要があります。しかし、結婚式によっては二次会の参加費が無料となっている場合もあるので、そのときは新郎新婦にしっかり感謝と御礼を述べておく必要があります。またこれが当たり前と思うのではなく気遣いをしてくれているのでそれに合った気遣いをすることがマナーとして当たり前のことなのです。また常識として結婚式会場とは別の場所で二次会は行なわれるのですが、その場合にはどちらか片方しか参加できない場合もあります。そのような場合にで予め新郎新婦に伝えておくことが大人のマナーなので覚えておきましょう。ただ二次会の参加費を支払うのではなく、お釣りが出ないようにすることが結婚式の二次会に参加するときのポイントです。直接料金を支払うこともありますが、封筒に入れておくことですぐに支払いできるようになるのです。二次会は結婚式の披露宴とは異なる格好をしても良いのですが、守るべきポイントは新郎新婦よりも目立たないようにすることです。新郎新婦は披露宴で着用していたい衣装と全く同じものを来て二次会に参加するということはあまりないので、どんな服装になってくるのかも予想し目立ち過ぎないようにしなくてはいけないのです。事前に会場の雰囲気を調べておくとより服装も決めることに迷わなくなるので、時間に余裕がある場合にはしっかりチェックすることが大切なのです。